ボイスレコーダーでしっかりと証拠を取得しよう

ひどい暴言を吐かれたり、またパートナーの浮気について証言を得た場合、あとから言った言わないといった論争になってしまうケースが多いです。 暴言については例えば会社でパワハラなどにあっていてひどい暴言を吐かれてしまった場合に、あとからこんなことを言われたといっても、言っていないといわれてしまえばそれは何の証拠にもなりません。 またパートナーが浮気をしたことを証言しても物的な証拠がほかになく、その証言についても言っていないし浮気をしていないといわれれば、離婚や慰謝料のための裁判時に証拠が一切ないというような状態になってしまいます。

他にもこういったことだけでなく、言った言わなかったといった論争が起こるケースも多いです。 そこで、確実な証拠をつかむためにボイスレコーダーを使用するということもお勧めなのです。 ですがボイスレコーダーで録音したものであっても証拠にならないようなケースもあるので注意が必要です。

無断でボイスレコーダーで録音すればそれは証拠である効力を持たないといわれていたりしますが、民事裁判については無断で録音したものであっても証拠として有効になります。 ただし、刑事裁判の場合には証拠にすることができません。 またボイスレコーダーで証拠をとるために、無理やり相手を脅したり脅迫をしたりして無理やりしゃべらせたものはいかなる場合においても証拠にすることはできません。 民事裁判においてもそれは証拠にはならないのです。

ボイスレコーダーは何かあったときの為に一つ購入して持っておきたいものです。 ですが最近ではスマートフォンのアプリでもボイスレコーダーアプリがあり、利用することができます。 ボイスレコーダのアプリでも性能が良いものが多くて、スマートフォンでアプリを起動させて録音することでボイスレコーダーの機能を使うことができます。

スマートフォンは毎日持ち歩くものだと思います。 ですので今日に限ってボイスレコーダーを持ち歩くのを忘れてしまった、なんてこともありません。 急な場合であってもすぐに起動させれば使用することができるのです。 もちろん購入したボイスレコーダーの方が機能性が高いものも多くあります。 ですがボイスレコーダーアプリをスマートフォンに1つインストールしておくことで、安心することができます。 急ないざとなった時でも対応することができるというメリットがあるのです。

ボイスレコーダーで証拠を取得した場合にはしっかりと保存しておくことが大切です。