人感センサーによる防犯対策とは

防犯にはしっかりと対策を行っておきたいものです。 物騒な世の中となっていますから、自分の身は自分で守ることができるように対策はしておきたいものですね。 そんな防犯対策の中でも人感センサーというものが便利であり防犯対策に対して非常に良いものであるとして今注目を集めているものとなります。 ではいったいこの人感センサーとはどういったものなのでしょうか。

この人感センサーというのは赤外線センサーがあってそのセンサーの前を人が通るとそれを知らせるというものです。 センサーによって人を感知するのです。 ですので不審者が来たらセンサーによって感知してそれを知らせてもらうことが可能となっているのです。

また人感センサーについては防犯対策だけでなく来客を知らせるためにも使用されていたりします。 人が来ると知らせるというシステムになっていますから、来客があってもそれを知らせてもらうという使い方も可能なのです。 その人が来たということを知らせる際の音については、防犯時の場合は警告音、警告アラームが鳴り、また来客時として使用する場合にはチャイムの音として鳴るように設定することができるような機械がほとんどですね。 とても便利に使い分けることができるでしょう。

人感センサーを設置するにあたりコードがついている場合ですと、侵入者、不審者に気づかれてしまう可能性があります。 コードによって気づかれてしまった場合には電源を切られてしまうというリスクがあります。 よって基本的には人感センサーはコードレスである乾電池式となっているタイプのものが多いんですね。

また人感センサーによって感知することができる範囲には限りがあります。 これは製品によって異なります。 一般的な感知する範囲としましては、水平45〜110度、上下10〜20度、距離5〜10m程度の範囲となっています。 ですが設置をする場所などによっても変わってきます。 ですので範囲を設定することができるケースもほとんどです。 例えばペットを飼っていらっしゃる場合には、ペットを不審者として感知してしまってはいけませんよね。 ですのでペットはその範囲に入らないように範囲を設定するということもできるのです。

またこのような人感センサー以外にも防犯対策として便利な製品に、ドア振動センサーアラームや窓振動センサーアラームといった製品も販売されています。 これらに関しても人感センサーと同じく非常に便利な機能を持った優れた製品となっています。

万全をきしたいなら防犯対策のプロに頼み抜けている対策がないかを最終チェックしてもらいましょう。その他に不審人物の特定も行いすぐに対応してくれると更に安心できるのではないでしょうか。そんな業種仙台の探偵サイトをご覧下さい。