センサーライトの設置で防犯対策

防犯上において設置しておくべき製品にセンサーライトがあります。 防犯対策グッズとしても非常に様々な種類の製品が販売されているものですが、その中でも比較的一般的に設置しておいた方が良い商品としてセンサーライトがあげられます。 設置されているご家庭も多いのではないでしょうか。

万が一のことが起こってしまわないために、事前にしっかりと防犯対策を心掛けておくことが大切です。 しっかりと対策をとっておくことによって、万が一のことが起こった場合にも対処をすることができるのです。 その防犯対策の一つ、センサーライトですが、センサーで不審者をキャッチしてライトが光ることによってその不審者に対して威嚇することができます。 玄関廻りや庭、また自動車を止めているカーポートに設置することがお勧めです。

そんなセンサーライトについて、実は様々な種類があるのです。 センサーライトの設置をする場所によってどの種類にするか選ぶとよいかもしれませんね。

センサーライトの種類としてまずは防雨型のソーラータイプのセンサーライトがあります。 これは電気代が必要ないタイプとなっていて、電気代が気になる方にもお勧めです。 太陽光を受けて発電をするものなので、電源が必要ありません。 非常に簡単に取り付けられるというメリットがあります。 センサーライトを設置したいけれど近くに電源がない、電源を作るための工事をするのは嫌だというご家庭にお勧めです。 電気代がかからず簡単に取り付けが可能です。

またLEDの防雨型もお勧めです。 電池式となっているのでこちらも電源工事の必要がありません。 ライトが点滅するので侵入してきた犯罪者を威嚇することもできます。

またダミーカメラがついている防雨型のタイプは、ダミーカメラがついている分防犯効果もアップします。 取り外しも可能となっていますので、不要である場合には取り外しておくこともできます。 ダミーカメラを本物の防犯カメラと勘違いして、侵入するのをやめるといった効果を期待することができます。

それからまたセンサーが拾う範囲が非常に広いものとして、360度防雨センサーライトがあります。 360度の方向で人を感知することができるのです。 100W、150W、75W×2といった3種類のタイプから選ぶことができます。 ですのでセンサーライトを設置する場所から適しているタイプのものを選ぶとよいでしょう。

防雨タイプということで様々なセンサーライトを上げましたが、基本的に防雨タイプになっているものがほとんどですので、雨が降っても安心です。